32歳で若年性乳がんになったお話

32歳で若年性乳がんになりました。まつわるお話を記録として。

抗がん剤投与のための事前説明に行ってきました。

f:id:non737373:20180903094130j:image

先日、抗がん剤投与の前の事前説明に行ってきました。

 

私の場合は

 

 

の組み合わせです。

 

この日は主に出るかもしれない副作用のお話と、コールドキャップのサイズ確認、薬剤師との服用している薬に関してのお話でした。

 

パクリちゃんで出る副作用には主に以下のものがあると説明されました。

初日〜

  • アレルギー
  • 風邪の症状
  • 吐き気
  • 頭痛
  • 味覚障害

 

 1週間以内に

  • 好球中減少
  • 低血小板
  • 疲れやすい
  • 末梢神経障害
  • 関節痛
  • 下痢
  • 口内炎
  • 湿疹

 

 1ヵ月以内に

  • 脱毛
  • 爪の変化

 

1ヵ月から1年以内に

  • 閉経期
  • 心臓の問題

 

 

 

 コールドキャップにトライ

 今回、やれることはやってみる精神で挑んでいます為、コールドキャップにもトライする予定です。

 

この説明会ではコールドキャップの実物を見せてもらい、サイズの確認をしました。

 

実際に被ってみると、そこまでおかしくもないからいいんじゃな〜い?とか言って写真まで撮る余裕笑

 

ナースの方からは、アイスクリームで頭がキーンとなる感じわかる?最初、あれみたいなのになって、その後は何も感じなくなるわよ、と言われました。

 

寒そうよね。。。

 

オーストラリアでコールドキャップを使用して抗がん剤治療をされた方のブログではあまりにも寒いため、寝袋を持参したと書かれてました。

 

それを知っていたので、寒いと思うため寝袋とかブランケットとか持ってきて良いですか?って質問するちょっとかわったアジア人笑

 

もちろん、なんでも持ち込んでOKと言われたので、寝袋持参してみます笑

 

寝袋持参して抗がん剤治療やってたらちょっとウケますよね笑

 

コールドキャップは二回やってみて、効果が見られなかったらゲームオーバー

 

自分から、もう無理!寒すぎる!と言ってやめてもゲームオーバー。一回だけやめるということが出来ないとのことでした。

 

ちなみに、当日はコンディショナーを頭に塗って、髪の毛を濡らしてからコールドキャップをかぶるそうです。

 

そして、やぱりコールドキャップしても頭皮というか毛根にはあまり刺激を与えないように、ブラッシングは丁寧にしてねと言われました。

 

また、私はTHEアジア人の太い黒髪。そしてロングです。

 

太くてなおかつロングのため、髪の毛の重みで髪が引っ張られるから、やっぱり肩くらいまでは切った方が良いと言われました。

 

ガーン。

 

いつかは髪の毛切る予定だったのですが、重みで髪の毛が引っ張られるとかどんだけやねん!と思いましたよ。

 

いつもは感じてない髪の毛の重さも、抗がん剤をやるとなると重たいものとなるんでしょうね。

 

毛根さん、頑張ってね!

 

 

 

薬剤師さんとの薬の確認

薬剤師との服用している薬の確認は、普段飲んでいる薬から、飲んでいるハーブティーサプリメントまで細かく調べられました。

 

普段から飲んでいるハーブティーカモミールとかそういうのではなく、西洋ハーブがミックスされたもの)とこれから飲もうと思っていたがんに効くと言われているお茶はダメ出しされました。

 

血管になんらかの作用があって、血管を伸縮させたり?細くさせる?作用があると言われました。

 

なので、抗がん剤中は飲まないようにとのこと。

 

ハーセプチンのみになったら飲めるのかどうかは聞いていないので、また聞いてみようと思います。

 

普段から飲んでいるビタミンサプリメントやグリーンパウダーなどは引き続き飲んでもOKということだったので、引き続き飲んでいく予定です。

 

それにしても、抗がん剤一つやるだけで飲む薬とか気を使いますね。

 

その流れで、パナドールという解熱鎮痛剤は飲んでも構わないが、ニューロフェンとイブプロフェンは飲まないようにと言われました。

 

また、パナドールも飲み続けないようにとも言われました。

 

患者さんでちょっと体調悪いな〜って思ってパナドール3日も飲み続けてから病院に来た人がいるようです笑

 

ちょっと無理ってなったらすぐに病院ですね。

 

でも、無理ってなったときって病院いくのも無理ってならない?って思ったんですけどね笑